クオリティの高い製品を作れる!CADの機能を使いこなそう


CADを使用した製図のメリット

CADは、国内の工業製品メーカーやゲーム制作会社、設計事務所など、様々な業界内で導入が進んでおり、製図のクオリティを高めるうえで利用価値の高いツールとして位置づけられています。特に、平面のデザインを立体的に表現することにより、様々な製品やサービスの開発に役立つことがあり、企業の事業内容に合ったソフトを選ぶことがポイントです。例えば、法人向けのCADの専用のソフトは、コンピュータグラフィックスをはじめとする情報処理に関する専門的なスキルを持たない人から上級者向けまで幅広い製品が登場しています。一方、CADの入門者に適したソフトの中にはネット上で無料でダウンロードができるものもあり、利用目的やコストなどを考慮しながらソフトを選ぶことが肝心です。

CADを導入する際に確認しておきたいこと

CADは、業務効率の短縮化や、技術革新などを目指す理系の企業を中心に欠かせない存在となりつつあります。CADの専用のソフトを導入する際には、実際にソフトを利用するスタッフのスキルや、初期費用や維持費用などにこだわることが大切です。また、より精巧な製図を行いたい場合には、プロ仕様のソフトの購入を検討する必要があるため、専門業者のカタログやホームページなどを参考にしながら、需要の高いソフトの画面の見やすさや操作の見やすさなどを十分に確認しておきましょう。その他、CADの機能をフル活用するためには、少なくとも三年から五年程度の期間が必要となるため、経験が未熟なスタッフに対しては研修を十分に行うことが大切です。

電気CADは、電気工事の図面設計に特化したソフトで、手書きより効率的に設計出来ます。配線図の描写が容易で、法令情報でチェックし作図ミスも無くせます。見積書も作成出来て、大幅に工数が削減出来ます。