墓じまいとはどういうこと?家族に負担をかけない未来の形


家族の形の変化と共に変わるお墓

昔は大家族でおじいちゃんやおばあちゃんと一緒に住んでいるという家庭も多かったですが、近年は成人すると家を出て都会で働き、そのまま結婚して夫婦と子供だけの核家族というのも当たり前になりました。お盆や暮れに戻る実家が近ければ、お墓参りもそれほど苦になりませんが、新幹線や飛行機を使って帰らなくてはいけないという距離だと、行くだけでも一苦労です。その為、少しずつお墓についてこれからどうするのかを真剣に考える家族が増え、その結果墓じまいを選択することもでてきました。墓じまいと聞くと驚くかもしれませんが、場所を移動したりすることもあれば、永代供養をしてくれるところに依頼してそちらのお世話になるのだと言えば分かりやすいでしょうか。

スムーズに墓じまいを行うには

諸手続きを踏む必要はありますが、それでも子や孫への負担も減ることもあって、説明だけでも聞いてみるのは悪いことではありません。大まかな流れとしては、まずお寺や墓の管理事務所に墓じまいをしたいと相談することから始まります。永代供養を依頼するならそのままお寺で手続きを教えてくれますし、移転する際には許可や証明を取る事になります。改葬であれば新しい土地や墓石を用意しますし、墓から遺骨を取り出すのであれば開眼供養の儀式も行います。その後はお墓の解体や撤去も必要になりますので、一つ一つ焦らずやっていきましょう。自分たちでは大変そうだと思うのであれば、手続きの代行をしてくれる会社もあるので適宜利用しましょう。

墓じまいの費用の内訳は、お坊さんへのお布施、墓地の解体処分費用、遺骨の移動先での納骨するための費用が主とされています。